皆さん、こんにちは!

春日部市のお陽さまパソコン教室です(≧▽≦)ノシ

 

皆さん、一生懸命基礎の文字入力を練習している時、

よくぼやかれる質問されることに

「なんでキーボードの文字は、こんなにバラバラに並んでるんですか~?」

ということがあります。確かにバラバラで覚えづらいですよね(^^;;;;

ということで、調べてみました!

 

まず現在主流となっているキーボードの配列ですが、

アルファベットキーを左上から順番に読んでゆくと、

Q・W・E・R・T・Yと並んでいることから、

「QWERTY配列(くわーてぃはいれつ)」と呼ばれています。

Qwerty

元々は今から130年程も昔、機械式タイプライターに採用されたのが

QWERTY配列の始まりでした。

 

当時のタイプライターは、キーを押し下げると、活字のアームが連動し

印刷面にバチンと当たって、文字を印字するという仕組みになっていましたが、

素早く入力しようとすると、各文字のアーム同士が絡んでしまうことがあって、

それを防ぐためには、できるだけ離れたアームが動くように

文字の配置を分散させる必要があったのですね。

arm

この工夫のおかげで、QWERTY配列は広く普及しました。

その後、電動式タイプライターが普及し、アームが絡むことはなくなったのですが、

QWERTY配列に慣れたタイピストたちが使いやすいように

配列だけが受け継がれていきました。

パソコンの黎明期には、50音順配列など、QWERTYでない配列の

キーボードなどもありましたが、様々な事情から普及せず、

現在でも主流になっているんですね。

 

最初はとっつきづらいQWERTY配列ですが、

ちょっとしたコツを覚えると、意外にカンタンに覚えることができます。

文字入力の基礎をしっかり覚えたい方は、ぜひ

お陽さまパソコン教室にいらしてくださいね☆